公刊物

  • 更新日:2018.12.06 
  • カテゴリ:公刊物

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2018年11月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第30回を掲載しました。今回の担当はアクティブラーニング部門の伊勢坊さんです。「組織の全員が発揮すべきリーダーシップを考える」というタイトルで、全学自由研究ゼミナール「アクティブラーニングで学ぶリーダーシップ」のお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
https://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1516/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

  • 更新日:2018.10.04 
  • カテゴリ:公刊物

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2018年9月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第29回を掲載しました。今回は「エクセルギー学で社会に貢献する人材を育成する」というタイトルで、環境エネルギー科学特別部門・堤さんのお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
https://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1514/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

  • 更新日:2018.08.03 
  • カテゴリ:公刊物

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2018年7月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第28回を掲載しました。今回は「三本の柱で構築される「リベラルアーツ・プログラム」」というタイトルで、国際連携部門長・原和之先生のお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
https://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1512/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

  • 更新日:2018.07.11 
  • カテゴリ:公刊物

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2018年5月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第27回を掲載しました。今回の担当は初年次教育部門の椿本さんです。「データからみる初年次ゼミナールの学び」というタイトルで、シンポジウム発表「東京大学初年次ゼミナールの軌跡と展望」のお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
https://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1510/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

  • 更新日:2018.02.19 
  • カテゴリ:公刊物

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2018年1月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第25回を掲載しました。今回の担当は自然科学教育高度化部門の堀さんです。「56種の水の成分分析から始まる環境化学」というタイトルで、全学体験ゼミナール「身近な環境化学実習~身近な水を水質調査から科学する」のお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1506/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

  • 更新日:2017.10.05 
  • カテゴリ:公刊物

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2017年9月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第23回を掲載しました。今回の担当はアクティブラーニング部門の吉田さんです。「大人数の授業こそ「Think-Pair-Share」で活性化を」というタイトルで、初年次ゼミナール理科・共通授業へのアクティブラーニング導入のお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1500/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

  • 更新日:2017.04.11 
  • カテゴリ:公刊物

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2017年3月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第20回を掲載しました。今回の担当は初年次教育部門の景山さんです。「哲学の古典を精読し、関心あるテーマを6,000字で表現」というタイトルで、初年次ゼミナール文科「東西の哲学的対話から見る共生の問題」ほかについてのお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1494/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧


1 / 41234