イベント

教養教育高度化機構シンポジウム「教養教育におけるグローバル化の新段階」


東京大学教養教育高度化機構では、下記の通り教養教育高度化機構シンポジウム「教養教育におけるグローバル化の新段階」を開催いたします。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

《趣旨》
2008年7月に策定された政府の「留学生30万人計画」以降、日本国内の大学では、グローバル化の大きな流れが形成されました。駒場では早くからさまざまな取り組みがなされていましたが、翌2009年に東京大学が「国際化拠点整備事業」(グローバル30)に採択されるとその動きは更に加速され、留学生の受け入れ、外国語教育、学生の送り出しなどで、次々とグローバル化の試みが打ち出されてきています。教養教育高度化機構でも、この間さまざまな取り組みを積み重ねてきました。
こうして2019年現在、われわれは10年前とは比べものにならないほど国際色豊かなキャンパスを目の前にしています。本シンポジウムでは駒場で展開されているさまざまなグローバル化の取り組みのうち、特に本学学生の短期的な流動に焦点をあわせ、機構での経験を他の取り組みと突き合わせつつ、新たなステージに入ろうとしている駒場のグローバル化の課題を明らかにし、その解決の方途を探ります。

《概要》
日時:2019年 3月 13日(水)13 〜 18時
会場:東京大学駒場キャンパス21 Komcee East K011(シンポジウム)+West MMホール(ポスター発表、懇談会)
主催:東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属教養教育高度化機構 国際連携部門
共催:東アジアリベラルアーツイニシアティブ(EALAI)
※申し込み不要、参加費無料、来聴歓迎。

《プログラム》
総合司会=原和之(国際連携部門長・総合文化研究科教授)
13:00 開会挨拶 石田淳(総合文化研究科長・教養学部長)
13:10 趣旨説明 西中村浩(教養教育高度化機構長・総合文化研究科教授)
13:20 【基調講演】教養学部のグローバル化
    ──その軌跡と現状 月脚達彦(国際交流センター長・同上)
第1部
13:50 他者を理解する、人と人との付き合い方を学ぶ
    ──南京大学との学生交流フィールドワーク 白佐立(国際連携部門・特任准教授)
14:10 SDGs時代における国際機関との連携 井筒節(国際連携部門・同上)
14:30 東アジア・西太平洋地域諸大学との教育交流
    ──東アジアリベラルアーツイニシアティブの経験 岩月純一(総合文化研究科教授)
14:50 休憩
第2部
15:10 トライリンガル・プログラムらしい海外研修とはなにか?
    ──中国語を例として 石井剛(総合文化研究科教授)
15:30 学生のモビリティ拡大に伴う支援──GOの役割と課題
    君康道・大澤麻里子(グローバリゼーションオフィス・総合文化研究科講師)
15:50 学生セッション 岩永淳志・飯山智史・渡邉椋太
16:20 総合討論
16:50 閉会挨拶 原和之
17:00 ポスターセッション・懇談会(18:00終了)

《その他》
詳細については、以下のページをご覧ください。
http://www.lap.c.u-tokyo.ac.jp/ja/news/2019/539/

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2019年1月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第31回を掲載しました。今回の担当は科学技術インタープリター養成部門の内田さんです。「科学コミュニケーションの方向性の問題を捉え直す」というタイトルで、科学技術インタープリター特論2のお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
https://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1518/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

東大駒場社会連携講座  「時間がつくる建築の豊さとは?~ヨーロッパにおける建築再利用の歴史~」

【講座概要】
「東大駒場社会連携講座」は、東京大学教養学部で培われてきた学術的な知を広く社会と共有することにより、学外の組織と大学、社会人と大人との結びつきを強めることを目的とする特別プログラムです。
講師は東京大学教養学部の教授陣が担当します。通常行われる講義のように講師の専門的な知識を一方的に伝えるだけでなく、広く社会一般で課題となるテーマに対して、自らの研究領域から見た視点を示すことで、「正解が見えにくい社会で求められる教養とは何か」を参加者の皆さんと共に考える取り組みです。

【講演概要】
今回のテーマは、建築の“再利用”です。

現代社会は、「近代末期」とも呼べるような時代を迎えています。
建築と都市はどこへ向かうのでしょうか?
ヨーロッパでは、「古代末期」「中世末期」の大きな社会変動のなかで、巨大建造物の再利用が盛んに行われてきました。それは、厳しい社会状況・経済状況のなかで、妥協の産物として行われたことではなく、むしろクリエイティブで可能性に満ちた建築行為でした。

私たちは20世紀を通じて、「開発か保存か」という二者択一によって、都市の更新(再開発)と歴史の継承(文化財)の問題を考えてきました。
しかしそれらはいずれも、「建築は建てられた当初が一番優れている」と考える、きわめて近代的な価値観でした。
しかし、豊かな建築と都市の文化は、人々に愛着を持って使い続けられ、時間とともに熟成していく魅力によって、生み出されるのではないでしょうか?
ヨーロッパにおける建築再利用の歴史を学ぶことで、現代日本が進むべき方向と可能性について考えてみたいと思います。

<参考文献>
  時がつくる建築 リノベーションの西洋建築史
  加藤耕一

講演者:加藤 耕一 教授
西洋建築史、近代建築史、建築理論

1973年生まれ。2001年、東京大学大学院・工学系研究科・建築学専攻・博士課程を修了。博士(工学)。東京理科大学助手、パリ第IV大学客員研究員、近畿大学講師、東京大学大学院准教授を経て、2018 年より教授。

対談者:加藤道夫 教授
建築デザイン理論、近代建築史、建築図学

1954 年生まれ。1984 年、東京大学大学院・工学系研究科・建築学専攻・博士課程を修了。博士(工学)。その後、同大学院・総合文化研究科にて助手、助教授を経て、2001 年より教授。

【開催日時】
2019年2月22日(金) 19:00 ~20:30(開場は18:30予定)

【会場】
六本木ヒルズ森タワー49階 アカデミーヒルズ

【定員】
150名(東大卒業生枠は30名まで)

【参加費】
一般:3,500円
東大卒業生:3,000円

【申込方法】
以下のページから事前申込が必要です。
www.sr-lecture.komex.c.u-tokyo.ac.jp/courses.html

【お問い合わせ先】
東京大学教養学部附属教養教育高度化機構社会連携部門 TEL:03-5465-8820(内線 4-8820) FAX: 03-5465-8821 info.sr[at]komex.c.u-tokyo.ac.jp

ブランドデザインコンテスト BranCo!2019 ファイナルイベント

【講座概要】
BranCo!2019ファイナルイベント 「暇」に関する新しいブランドをデザインする

「BranCo!」は、本学教養学部教養教育高度化機構と博報堂のブランディング専門チーム「博報堂ブランドデザイン」が共催する、“大学生のためのブランドデザインコンテスト”です。博報堂ブランドデザイン流のリボン思考フレームを利用して、参加学生が課題テーマに沿ったアイデアを競います。

本年で7回目を迎える今回はテーマを「暇」とし、全国205チームの学生の皆さまにエントリーいただきました。この205チームによる厳しい予選を勝ち抜いた上位チームによる決勝プレゼンテーションを一般公開いたします。また、当日は特別ゲストによる様々な視点から「暇」に関する講演会も行われますので、興味のある方はどなたでも観覧可能です。

【ゲスト講演】
◼︎「地球少年」 篠原祐太さん
◼︎ アーティスト 鈴木康広さん
このお二方をお招きしております。

主催:東京大学教養学部教養教育高度化機構 / 博報堂ブランド・イノベーションデザイン
後援:朝日新聞社
協力:博報堂プロダクツ / キャリア大学

【開催日時】
2019年2月2日(土) 13:00 ~17:45(予定)

【会場】
東京大学駒場キャンパス900番教室
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_22_j.html

【定員】
定員になり次第募集を締め切らせていただきます。

【参加費】
無料

【申込方法】
以下のページから事前申込が必要です。
https://branco2019-final.peatix.com/

【お問い合わせ先】
branco.info[at]hakuhodo.co.jp

東大駒場社会連携講座 「宇宙で最初の星、宇宙で最後の星」

【講座概要】
「東大駒場社会連携講座」は、東京大学教養学部で培われてきた学術的な知を広く社会と共有することにより、学外の組織と大学、社会人と大人との結びつきを強めることを目的とする特別プログラムです。
講師は東京大学教養学部の教授陣が担当します。通常行われる講義のように講師の専門的な知識を一方的に伝えるだけでなく、広く社会一般で課題となるテーマに対して、自らの研究領域から見た視点を示すことで、「正解が見えにくい社会で求められる教養とは何か」を参加者の皆さんと共に考える取り組みです。

【講演概要】
輝く星のない夜空を想像出来るでしょうか︖ 宇宙に最初の星が⽣まれてから、星は重たい元素を作りながら周りを温め、その⼀⽣の最期には内部のガスを周囲に放出するサイクルを繰り返して来ました。我々の⾝の回りの⼿に触れるものすべて-我々⾃⾝でさえも-は 、⽔素以外はほぼすべて星が作り出したものです。夜空に星がなければ、我々は居なかったのです。星がどうやって⽣まれ、死んでいくのか︖ それは宇宙の歴史と共にどの様に変化して⾏くのか︖ これは天⽂学の中⼼課題のひとつです。最先端の観測により、星の⽣まれる現場について、新たな描像が得られつつあります。今回のセミナーでは、「星形成」についての最新の知⾒をお伝えします。遠い将来、宇宙では新たな星が⽣まれることはなくなり、やがて夜空からは星が⼀つ⼀つ消えていきます。夜空から最後の星が消えたとき、宇宙はその活動を終えることになります。

講演者:土井靖生 
東京大学・大学院理学系研究科・天文学専攻・博士課程を修了。博士(理学)。1997年より東京大学・大学院総合文化研究科助手、2007年より助教。

【開催日時】
2019年1月25日(金) 19:00 ~20:30(開場は18:30予定)

【会場】
六本木ヒルズ森タワー49階 アカデミーヒルズ

【定員】
150名(東大卒業生枠は30名まで)
【参加費】
一般:3,500円
東大卒業生:3,000円

【申込方法】
以下のページから事前申込が必要です。
www.sr-lecture.komex.c.u-tokyo.ac.jp/courses.html

【お問い合わせ先】
東京大学教養学部附属教養教育高度化機構社会連携部門 TEL:03-5465-8820(内線 4-8820) FAX: 03-5465-8821 info.sr[at]komex.c.u-tokyo.ac.jp

東大駒場社会連携講座   「建築デザインのパラダイムシフト  ―ル・コルビュジエを媒介にして集団知を理解する―」

【講座概要】
「東大駒場社会連携講座」は、東京大学教養学部で培われてきた学術的な知を広く社会と共有することにより、学外の組織と大学、社会人と大人との結びつきを強めることを目的とする特別プログラムです。
講師は東京大学教養学部の教授陣が担当します。通常行われる講義のように講師の専門的な知識を一方的に伝えるだけでなく、広く社会一般で課題となるテーマに対して、自らの研究領域から見た視点を示すことで、「正解が見えにくい社会で求められる教養とは何か」を参加者の皆さんと共に考える取り組みです。

【講演概要】
情報技術の進歩が可能にする建築デザインの変化について考えます。ルネサンス期に確立し、近代までのデザインを支えて来たパラダイムとは何か?マリオ・カルポは、これを「アルベルティ・パラダイム」と呼び、現代の情報技術の進歩がこのパラダイムをシフトさせ、建築デザインを変化させると述べています。このシフトの前後には溝があり、これまでの経験知だけからその変化を理解することは困難です。そのため、ル・コルビュジエを媒介に、この変化を説明します。

講演者:加藤道夫 教授
建築デザイン理論,近代建築史,建築図学

1954 年生まれ。1984 年,東京大学大学院・工学系研究科・建築学専攻・博士課程を修了。博士(工学)。その後、同大学院・総合文化研究科にて助手、助教授を経て、2001 年より教授。

対談者:加藤耕一 教授
西洋建築史,近代建築史,建築理論

1973年生まれ。2001年、東京大学大学院・工学系研究科・建築学専攻・博士課程を修了。博士(工学)。東京理科大学助手、パリ第IV大学客員研究員、近畿大学講師、東京大学大学院准教授を経て、2018 年より教授。

【開催日時】
2018年11月20日(火) 19:00 ~20:40(開場は18:30予定)

【会場】
六本木ヒルズ森タワー49階 アカデミーヒルズ

【定員】
150名(東大卒業生枠は30名まで)

【参加費】
一般:3,500円
東大卒業生:3,000円

【申込方法】
以下のページから事前申込が必要です。
www.sr-lecture.komex.c.u-tokyo.ac.jp/courses.html

【お問い合わせ先】
東京大学教養学部附属教養教育高度化機構社会連携部門
TEL:03-5465-8820(内線 4-8820)FAX: 03-5465-8821
E-mail: info.sr[at]komex.c.u-tokyo.ac.jp

東大駒場社会連携講座 宇宙はいかにして生命を育むに至ったか

【講座概要】
「東大駒場社会連携講座」は、東京大学教養学部で培われてきた学術的な知を広く社会と共有することにより、学外の組織と大学、社会人と大人との結びつきを強めることを目的とする特別プログラムです。
講師は東京大学教養学部の教授陣が担当します。通常行われる講義のように講師の専門的な知識を一方的に伝えるだけでなく、広く社会一般で課題となるテーマに対して、自らの研究領域から見た視点を示すことで、「正解が見えにくい社会で求められる教養とは何か」を参加者の皆さんと共に考える取り組みです。

【講演概要】
天文学は近年大きな発見が続いています。ここ数年内を見渡すだけでも重力波の初検出やニュートリノ観測による日本人のノーベル賞受賞、はやぶさ2による小惑星”リュウグウ”の観測など記憶に新しいことと思います。今後10年程度の間に実現が期待される観測計画でも、日本は多くの発見により世界の中で重要な貢献をしようとしています。 宇宙はビッグバンにより”星や銀河が何もない”一様な状態から始まったとされ、その後銀河や星、惑星系の誕生により、我々生命の誕生に至る今日の多様な姿を獲得したことになります。 宇宙がビッグバンからどの様に”進化”し、いかにして生命を育むに至ったかについて、現在我々が理解していること、今後解明しようとしていることを軸に、天文学の”今”をお伝えしたいと思います。

講演者:土井靖生 東京大学大学院総合文化研究科助教
1967年生まれ。1996年、東京大学・大学院理学系研究科・天文学専攻・博士課程を修了。博士(理学)。1997年より東京大学・大学院総合文化研究科助手、2007年より助教。

【開催日時】
2018年8月30日(木) 19:00 ~20:40(開場は18:30予定)

【会場】
六本木ヒルズ森タワー49階 アカデミーヒルズ

【定員】
150名(東大卒業生枠は30名まで)

【参加費】
一般:3,500円
東大卒業生:3,000円

【申込方法】
以下のページから事前申込が必要です。
http://www.sr-lecture.komex.c.u-tokyo.ac.jp/courses.html

【お問い合わせ先】
東京大学教養学部附属教養教育高度化機構社会連携部門 TEL:03-5465-8820(内線 4-8820) FAX: 03-5465-8821 info.sr[at]komex.c.u-tokyo.ac.jp


1 / 9123456789