キャンパス

教養教育高度化機構

本サイトは、東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属 教養教育高度化機構(Komaba Organization for Educational Excellence: KOMEX)の公式サイトです。

高度化機構に所属する各部門とその事業内容を紹介します。

東京大学

東京大学

東京大学駒場Iキャンパスでは、教養学部前期課程(1・2年生全員)、教養学部後期課程(教養学部に進学した3・4年生)、総合文化研究科修士課程、総合文化研究科博士課程の学生・大学院生が学んでいます。

正門を入って正面に位置するのが時計塔を擁する1号館です。

異文化交流

国際化への取り組み

教養教育高度化機構では、国際的に活躍できる学生を育成するため、さまざまな国際交流の取り組みを行っています。

写真は、全学自由研究ゼミナールの一環としてタンザニアにフィールドワークに行ったときのものです。

グローバルな連携

グローバルな連携

東京大学は、さまざまな国際大学間ネットワークに加盟しています。

本写真は、東アジア四大学フォーラム(BESETOHA)で東京大学、北京大学、ソウル大学校、ベトナム国家大学ハノイ校の代表が一堂に会したときのものです。

キャンパス(夜)

キャンパス(夜)

東京大学駒場キャンパスには、学生の自主活動のためのスペースも充実しています。

写真は夜のコミュニケーション・プラザの様子です。

ディスカッション

アクティブラーニング

教養教育高度化機構では、写真の駒場アクティブラーニングスタジオ(KALS)に見られるように、双方的なゼミ形式の授業をやりやすくする工夫のされた教室設備を充実させています。

2011年10月に竣工した21KOMCEE(通称:理想の教育棟)では、一般教室がすべてこのようなスタジオ教室として設計されています。

21KOMCEE

21KOMCEE

2011年10月、アクティブラーニングのためのスタジオ教室やレクチャーホールを擁する新しい教育棟、21 Komaba Center for Educational Excellence (21KOMCEE, 通称理想の教育棟)がオープンしました。

地下1階から2階まで吹き抜けのガラスホール(MMホール)に設置されている石井リーサ明理氏のデザインによる照明オブジェ「光湧(こうゆう)」は、北米照明学会によりデザイン賞を受賞しています。

トピックス

2021.08.17 

オンラインワークショップ「オンラインでこそアクティブラーニング:アクティブで双方的な授業のヒント」

東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属教養教育高度化機構アクティブ ラーニング部門では、東京大学所属の教員の皆さまを対象に、オンラインワークショップ「オンラインでこそアクティブラーニング:アクティブで双方向的な授業のヒント」を開催いたします。

3月に開催したオンラインワークショップでは、昨年度のオンライン授業をふりかえり、授業準備・運営で困ったことや解決したい課題を共有しました。その中で多く出されたのが、「オンライン授業では学生の様子がわかりにくいこと」や 「学生の状態を把握しにくいこと」、「学生からの反応がないこと」、「学生と の信頼構築」など、教員と学生とのコミュニケーションや双方向性の確保に関するものでした。学生とのコミュニケーションや双方向性の確保は、アクティブ ラーニングの導入において第一歩となるもので、これらの課題への対処法を検討することはとても大切です。

そこで今回のオンラインワークショップでは、オンライン授業をアクティブにするための授業運営のうち、学生とのコミュニケーションや、学生の状態を把握しつつ授業を進める双方向性の確保について検討します。具体的な手法や研究知見を参考にしつつ、グループでのディスカッションやワークを通じて情報共有や課題解決を目指します。

【本ワークショップで扱う課題例】
・学生の映像が見えないので授業を進めるのに必要な情報量が少ない
・学生がしっかりと説明を聞いているのか、課題や議論に取り組んでいるのかがわからない
・学生が理解しているかどうかわからない
・質問があるかと聞いても学生からの反応がない

なお、本ワークショップで扱う内容は、オンライン授業に限ったものではなく、対面授業でも共通し、活用可能なものです。次セメスターでは対面授業を再開される方にも参考となる内容になっています。

オンライン授業を継続される方、対面授業を再開される方、またこれからアクティブラーニングを導入しようと考えられている方、すでに導入しているけれども授業運営についてさらに理解されたい方といった、幅広い皆様にご参加いただき、次セメスターの授業準備の参考にしていただければと思います。

※オンライン授業におけるアクティブラーニング手法や実践については、こちらのページ(https://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/tips/)でも記事を公開しています。

【プログラム】
14:00-14:20 開会の挨拶・趣旨説明
14:20-15:15 自己紹介、ワーク、ミニレクチャ
15:15-15:35 休憩
15:35-16:55 ワーク、ミニレクチャ
16:55-17:00 閉会の挨拶
(司会進行:教養教育高度化機構アクティブラーニング部門 中澤明子・伊勢坊 綾・中村長史)

1.日時:2021年9月8日(水)14:00〜17:00

2.場所:Zoomミーティングでのオンライン開催
 ※参加者に後日URLをお知らせします
(さらに…)

2021.08.04 

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2021年7月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第46回を掲載しました。今回の担当は初年次教育部門の寺岡さんです。「「修辞学」に収まらないrhetoricを古典から探る」というタイトルで、初年次ゼミナール文科「政治レトリック」のお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
https://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1548/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

2021.07.27 

「ワークショップ「第2回 東大生がつくるSDGsの授業」(8/29@ZOOM)」

東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属教養教育高度化機構アクティブラーニング部門では、高校生を対象としたSDGsに関するワークショップを昨年度に引き続き開催いたします。東京大学教養学部で開講している全学自由研究ゼミナール/高度教養特殊演習「SDGsを学べる授業をつくろう」において特に優れた授業案を設計した学生達が授業を実施いたします。SDGsの理解が深まるような工夫が施された授業が揃っておりますので、是非ご参加ください。

1. 日時:2021年8月29日(日)14時~17時
https://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/event/event-info/a2972/

2. 場所:Zoomミーティング (申し込みいただいた方に追ってURLをお伝えします)

※授業ではペアワークやグループワークの場面が多くあります。可能な限りカメラをオンにして参加していただければ幸いです。

※参加者のプライバシーへの配慮の観点から、録音・録画は一切お控えいただきますよう、よろしくお願いいたします。

3. 対象:高校生 [定員40名]

4. 参加費:無料
(さらに…)

2021.07.20 

(学内限定)オンラインイベント「組織開発のプロが語るコミュニティづくりの3つのポイント」【面白いこと発見企画・第4弾】

日時:2021年8月1日(日)20:00~21:30 オンライン開催

詳細はこちらhttp://www.sr.komex.c.u-tokyo.ac.jp/event/discover/
をご覧ください。

概要:今回は面白いこと企画第4弾として、パーソルキャリア株式会社にご勤務で、組織開発のメソッドを活用した多様なコミュニティ作りに
携わられている小松由さんをお招きし、その経験やノウハウ等について語って頂きます。
学生時代にサークルを立ち上げ、現在も組織コーチやプロボノ活動等の複業をされている小松さんのお話は必聴です。
聞くだけでも大歓迎ですが、コミュニティ運営を体験することで、小松さんのノウハウを実践から学び活かせること間違いなしです!

主催:面白いこと発見企画(学生有志)× 社会連携部門(担当:高橋)

ポスター

2021.06.17 

オンラインシンポジウム:第9回 東京財団政策研究所ウェビナー 「第6次エネルギー基本計画をめぐって―30年46~50%削減、50年カーボンニュートラルに必要な施策とは―」

◇◆◇開催概要◇◆◇
2021年7月7日(水)12:30~15:00 (オンライン・ライブ配信)
※ 事前登録制/参加無料
▼ 概要・申込ページはこちら
https://www.tkfd.or.jp/research/detail.php?id=3755

主催:公益財団法人東京財団政策研究所
共催:東京大学未来ビジョン研究センター
後援:東京大学教養学部附属教養教育高度化機構

◇◆◇シンポジウム概要◇◆◇
昨年10月、菅首相は2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を宣言しました。また本年4月には、2050年目標と整合的で野心的な目標として、2030年度に温室効果ガスを2013年度から46%削減することを目指し、さらに50%削減に向けて挑戦することを表明しています。世界は日本の50%削減に注目していますが、46%削減はこれまでの目標を7割以上引き上げるものであり、決して容易なものではありません。おりしも日本のエネルギー政策の大方針となる第6次エネルギー基本計画が決定されるタイミングにありますが、2030年46~50%削減、2050年カーボンニュートラルを実現するためには何が必要となるのでしょうか。本シンポジウムでは、エネルギー転換に対応する日本のエネルギー政策を研究してきた、東京財団政策研究所「加速するエネルギー転換と日本の対応」プロジェクト・メンバー、およびゲスト有識者により、カーボンニュートラルに必要なエネルギー政策の具体像を議論いたします。
(さらに…)

2021.06.01 

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2021年5月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第45回を掲載しました。今回の担当は科学技術インタープリター養成部門の内田さんです。「2011年と今との比較で科学コミュニケーションを考える」というタイトルで、シンポジウム「科学技術コミュニケーションの16年-東日本大震災10年とコロナ禍のなかで-」のお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
https://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1546/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

2021.04.13 

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2021年3月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第44回を掲載しました。今回の担当は社会連携部門の山上さんです。「ゲームや映像に音を付ける試みで耳の「視野」を拡げる」というタイトルで、耳を啓く、音を創る~感性と知性の協働のためのサウンドデザイン入門のお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
https://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1544/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧