キャンパス

教養教育高度化機構

本サイトは、東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属 教養教育高度化機構(Komaba Organization for Educational Excellence: KOMEX)の公式サイトです。

高度化機構に所属する各部門とその事業内容を紹介します。

東京大学

東京大学

東京大学駒場Iキャンパスでは、教養学部前期課程(1・2年生全員)、教養学部後期課程(教養学部に進学した3・4年生)、総合文化研究科修士課程、総合文化研究科博士課程の学生・大学院生が学んでいます。

正門を入って正面に位置するのが時計塔を擁する1号館です。

異文化交流

国際化への取り組み

教養教育高度化機構では、国際的に活躍できる学生を育成するため、さまざまな国際交流の取り組みを行っています。

写真は、全学自由研究ゼミナールの一環としてタンザニアにフィールドワークに行ったときのものです。

グローバルな連携

グローバルな連携

東京大学は、さまざまな国際大学間ネットワークに加盟しています。

本写真は、東アジア四大学フォーラム(BESETOHA)で東京大学、北京大学、ソウル大学校、ベトナム国家大学ハノイ校の代表が一堂に会したときのものです。

キャンパス(夜)

キャンパス(夜)

東京大学駒場キャンパスには、学生の自主活動のためのスペースも充実しています。

写真は夜のコミュニケーション・プラザの様子です。

ディスカッション

アクティブラーニング

教養教育高度化機構では、写真の駒場アクティブラーニングスタジオ(KALS)に見られるように、双方的なゼミ形式の授業をやりやすくする工夫のされた教室設備を充実させています。

2011年10月に竣工した21KOMCEE(通称:理想の教育棟)では、一般教室がすべてこのようなスタジオ教室として設計されています。

21KOMCEE

21KOMCEE

2011年10月、アクティブラーニングのためのスタジオ教室やレクチャーホールを擁する新しい教育棟、21 Komaba Center for Educational Excellence (21KOMCEE, 通称理想の教育棟)がオープンしました。

地下1階から2階まで吹き抜けのガラスホール(MMホール)に設置されている石井リーサ明理氏のデザインによる照明オブジェ「光湧(こうゆう)」は、北米照明学会によりデザイン賞を受賞しています。

トピックス

2018.02.06 

東大駒場社会連携講座 『空海―美しき王妃の謎』から見える日本と中国

【講座概要】
「東大駒場社会連携講座」は、東京大学教養学部で培われてきた学術的な知を広く社会と共有することにより、学外の組織と大学、社会人と大人との結びつきを強めることを目的とする特別プログラムです。
講師は東京大学教養学部の教授陣が担当します。通常行われる講義のように講師の専門的な知識を一方的に伝えるだけでなく、広く社会一般で課題となるテーマに対して、自らの研究領域から見た視点を示すことで、「正解が見えにくい社会で求められる教養とは何か」を参加者の皆さんと共に考える取り組みです。

【講演概要】
『空海―美しき王妃の謎』から見える日本と中国
中国の経済成長に合わせるように、世界第二位の市場規模を持つにいたった中国映画。その繁栄を象徴する作品が、『空海――美しき王妃の謎』だ。夢枕獏の小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を映画化し、実物大といわれる長安を再現し、華やかな大唐の夢を描く歴史スペクタクルである。だが、この作品は中国の常識に挑戦する冒険作であり、日本に先行した中国での公開でも論議を呼んできた。中国は映画によってどのような自画像を描くのか、中国からの視点を分析するとき、そこに中国が直面する新たな課題が見えてくるだろう。

講演者:刈間文俊 東京大学総合文化研究科教授
共著書に「上海キネマポート―甦る中国映画」(凱風社 1985年)、「チャイナアート」(NTT出版 1999年)、訳書に陳凱歌「私の紅衛兵時代-ある映画監督の青春」(講談社 1990年) 、ジェレミー・バーメーほか「火種―中国知識人の良心の声」(凱風社 1990年)、これまで中国映画の字幕を百本近く翻訳してきた。『空海ーー美しき王妃の謎』も日本語版の監修・翻訳を担当。

対談者:古市雅子 北京大学外国語学院日本語言文化系副教授
1996年から単身北京大学に留学。北京大学中文系比較文学与世界文学専攻博士(文学)。北京大学で准教授として教鞭をとる。主な著書に『満映電影研究』(中国九州出版社)、訳書に『中国文化読本』(外研社)など。北京大学外国語学院明治大学マンガ図書館分館館長。

【開催日時】
2018年2月27日(火) 19:00 ~20:40(開場は18:30予定)

【会場】
六本木ヒルズ森タワー49階 アカデミーヒルズ

【定員】
150名(東大卒業生枠は30名まで)

【参加費】
一般:3,500円
東大卒業生:3,000円

【申込方法】
以下のページから事前申込が必要です。
http://www.sr-lecture.komex.c.u-tokyo.ac.jp/courses.html

【お問い合わせ先】
東京大学教養学部附属教養教育高度化機構社会連携部門 TEL:03-5465-8820(内線 4-8820) FAX: 03-5465-8821 info.sr[at]komex.c.u-tokyo.ac.jp

2017.12.07 

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2017年11月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第24回を掲載しました。今回の担当は科学技術インタープリター養成プログラム12期生の篠原さんです。「専門家の蝶の観方を愛好家と共有」というタイトルで、市民公開講座「バタフライ・ウォッチング」のお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1502/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

2017.11.10 

「茶わんの湯」から”身近な生物”・”身近な化学”を考える (授業「茶わんの湯」スピンオフセミナー2017)

ここに茶わんが一つあります。中には熱い湯がいっぱいはいっております。ただそれだけではなんのおもしろみもなく不思議もないようですが、よく気をつけて見ていると、だんだんにいろいろの微細なことが目につき、さまざまの疑問が起こって来るはずです。ただ一ぱいのこの湯でも、自然の現象を観察し研究することの好きな人には、なかなかおもしろい見物です。
「茶わんの湯」 寺田寅彦 青空文庫より 一部抜粋

<一般参加歓迎>
我々の身近にあるものごとを様々な視点・観点から考え理解を深めるためのセミナーを本学の全学自由研究ゼミナール授業「茶わんの湯」補助授業と一般公開セミナーを兼ねて本年度(2017年度)は2つのセミナーを開催します。
img

【セミナー概要】
本セミナーは、東京大学前期課程の学生(1・2年生)を対象とした体験学習・オムニバス形式の「茶わんの湯」から最新の科学を考える(以下、授業「茶わんの湯」と記す)の補助授業として開催し、本学学生以外の参加を認め一般公開としています。授業時間内では実施できなかった重要なテーマまた、授業時間内に出題された課題考察の補助教材として、授業「茶わんの湯」を通じて重点的に取り上げるべきテーマを選択し、セミナーを不定期に開講しています。
昨年度のセミナーに引き続き二年目となる今回は、授業「茶わんの湯」のシリーズのよりよい学習のために生物の模様(パターン形成)とコロイド(最先端高機能ナノ粒子)の専門家を学外から招きました。授業「茶わんの湯」と本セミナーを同時に受講することで理系・文系の学生問わず、領域横断的な科学の知識の習得と思考のトレーニングになることを期待しています。本セミナーの取り組み内容は、大学で専門教育を開始する前の段階の学生に合わせて、専門知識がなくてもレクチャーを受けられる内容としています。そのため、セミナー単体を受講しても大学生に限らず社会人や大学入学前の学生に対しても同様の効果が期待されることから一般公開としています。

【スケジュール:18時スタート】

セミナー01 身近な生物
タイトル:『生物の模様ができちゃう仕組み
講師:近藤 滋(大阪大学 大学院生命科学研究科)
日時:2017年11月21日(火)18時
会場:駒場1キャンパス 21KOMCEE WEST レクチャーホール
参加費:無料 <一般参加歓迎>
事前参加登録

セミナー02 身近な化学
タイトル:『生活の中のコロイドから最先端高機能性ナノ粒子の開発へ
講師:村松 淳司(東北大学 多元物質科学研究所)
日時:2017年11月28日(火)18時
会場:駒場1キャンパス 21KOMCEE WEST レクチャーホール
参加費:無料 <一般参加歓迎>
事前参加登録

【セミナー詳細】
授業「茶わんの湯」スピンオフセミナー2017
「茶わんの湯」から”身近な生物”・”身近な化学”を考える

(URL:http://www.adves.c.u-tokyo.ac.jp/chawan/seminar2017/

・セミナーの目的・内容
・授業「茶わんの湯」とは?
・セミナー開催の背景
・セミナー受講のための参考資料

【問い合わせ先】
本セミナーに関するお問い合わせ先
E-mail:seminar2017a@adves.c.u-tokyo.ac.jp

〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
東京大学教養学部付属教養教育高度化機構 自然科学教育高度化部門
セミナー担当

2017.10.05 

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2017年9月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第23回を掲載しました。今回の担当はアクティブラーニング部門の吉田さんです。「大人数の授業こそ「Think-Pair-Share」で活性化を」というタイトルで、初年次ゼミナール理科・共通授業へのアクティブラーニング導入のお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1500/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

2017.08.03 

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2017年7月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第22回を掲載しました。今回は「これまでの経験と知見を生かした教養教育を後期課程に拡げます」というタイトルで、教養教育高度化機構長・西中村浩先生のお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1498/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

2017.06.06 

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2017年5月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第21回を掲載しました。今回は「「環境エネルギー科学」+「湯・味・光の物理」のコラボが実現」というタイトルで、教養教育高度化機構シンポジウム「教養教育と自然科学」についてのお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1496/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

2017.04.11 

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2017年3月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第20回を掲載しました。今回の担当は初年次教育部門の景山さんです。「哲学の古典を精読し、関心あるテーマを6,000字で表現」というタイトルで、初年次ゼミナール文科「東西の哲学的対話から見る共生の問題」ほかについてのお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1494/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧