12月2013

【全学ゼミ「平和のために東大生ができること」】イベント開催

【全学ゼミ「平和のために東大生ができること」】
映画鑑賞&ディスカッションイベント「紛争を止める力? ~リベリアのケースから考える~」開催

西アフリカに位置するリベリアは、1989-1996と1999-2003の二度の内戦に苦しめられました。2011年にノーベル平和賞を受賞したリーマ・ボウイー氏は女性たちによる非暴力運動を主導し、二度目の内戦においてリベリア和平に貢献しました。彼女のドキュメンタリー映画『悪魔よ地獄に帰れ』を鑑賞し、フロア全体参加型のディスカッションで、紛争を止める力とは何かを考えるイベントを行います。

(さらに…)

【ブランドデザインスタジオ】12月6日開催 東大生 x 乃木坂46 ワークショップ開催

東大生と乃木坂46によるワークショップが12月6日金曜日に東京大学駒場Iキャンパスで行われました。
テーマは「日本の長所短所」と「2020年東京五輪の演出」に関するものの2件で、東大生の代表としてブランドデザインスタジオの修了生が参加しました。
当日の模様は、朝日新聞 日曜版「まなあさ」の「よのなか科」記事として、1月5日、2月2日に紙面に掲載予定です。また、朝日新聞デジタルでも公開される予定です。

 

社会連携部門 ブランドデザインスタジオ

【全ゼミ将棋】12月5日開催 羽生三冠特別講演会

羽生善治三冠の特別講演「格言から学ぶ将棋」が、
12月5日に東京大学駒場Iキャンパスで行われました。

古くから伝わる将棋の格言を中心に羽生三冠が選んだ50の言葉を、羽生三冠自身が大盤を用いて解説されました。講演は90分以上にわたり、将棋の基本的な考え方や羽生三冠ご自身の体験を紹介していただきました。

今学期から教養学部で開講した全学体験ゼミナール「将棋で磨く知性と感性」の受講者40名に総合文化研究科・教養学部の学生の希望者を合わせた約170名が参加し、熱心に聞き入りました。特別講演終了後も、さらに約20分以上も会場からの質問にお答えいただきました。

詳しくは日本将棋連盟からのプレスリリースをご覧ください。

またこの講演の様子は、後日TODAI.TV』にて動画が広く無料で公開される予定です。

社会連携部門

全学体験ゼミナール「サステイナビリティゼミ3:ワークライフバランス・ワークシェアリングをめぐる施策と現状」で公開講演会を行います

全学体験ゼミナールで、内閣府男女共同参画局推進課 課長補佐の藤井麻莉氏をお招きし、政府によるポジティブ・アクション(女性の活躍を推進すること)やワークライフバランスに向けての取り組みについてお話をうかがいます。

講演会は公開とします。

体験型リーダー養成部門