1月2013

東京大学教養学部附属教養教育高度化機構シンポジウム
 「教養教育の高度化を目指した実践と展望」開催します

■企画趣旨
東京大学教養学部附属教養教育高度化機構は、教養教育の現代的な課題に対応すべく教育開発を行っています。本シンポジウムではこれまでの成果を概観するとともに、教養学部のカリキュラムの歴史的変遷を踏まえた上で、教養教育の発展の方向性と課題について議論します。

■主催 東京大学教養学部附属教養教育高度化機構
■日程 2013年3月11日(月)開場:12:30-、開始:13:00-18:00
■参加費:無料・先着順(定員:200名)
■場所 東京大学教養学部 21KOMCEE 地下1階レクチャーホール
(東京都目黒区駒場3-8-1、京王井の頭線駒場東大前駅)
http://www.komcee.c.u-tokyo.ac.jp/

■プログラム

総合司会(企画部門 西中村浩)

1.挨拶・趣旨説明
「教養教育高度化機構の取り組みについての紹介」
教養教育高度化機構長 嶋田正和

2.基調講演
「これまでの教養教育とこれからの駒場の教養教育が目指すもの」
教養学部長 石井洋二郎

3.各部門講演

チーム形成部門
「正解のない問いに挑む—ブランドデザインスタジオの試み」
部門長 真船文隆

アクティブラーニング部門
「アクティブラーニングの現状と課題」
部門長 山口和紀

環境エネルギー科学特別部門
「環境とエネルギーの課題解決を担う人材の育成―日本のエネルギー問題を題材に」
部門長 瀬川浩司

科学技術インタープリター養成部門
「科学者の社会的リテラシーと市民の科学リテラシー~後期教養教育の試み~」
部門長 藤垣裕子

生命科学高度化部門
「生命科学教育における現代的な課題」
部門長 石浦章一

国際化部門
「南京大学との間の学生交流プログラムの現状と課題」
教授 伊藤徳也

社会連携部門
「高大接続「金曜特別講座」からの展開を考える」
部門長 渡邊雄一郎

教育研究データ分析室
「数値からみた教養教育の現状と課題」
教育研究データ分析室長 倉田博史

4.パネルディスカッション(司会:山口和紀)
ディスカッション・テーマ
・教養教育と学力観(学士力、社会人基礎力、AHELO、21世紀型スキル、東京大学モデル)
・教養教育のリソース(教科書・教材・学習環境・教育方法)

■問い合わせ先
東京大学教養学部附属教養教育高度化機構
シンポジウム「教養教育の高度化を目指した実践と展望」
電話:03-5465-8204 (アクティブラーニング部門)

教養教育高度化機構アクティブラーニング部門セミナー

次世代リーダーの育て方
~東京大学 i.schoolから考える~

日時 2013年2月15日(金)
13:00-14:30 (3時限目)
場所 東京大学 駒場Iキャンパス
21KOMCEE 2階 K201教室
講演者 東京大学 i.school
アシスタント・ディレクター 横田幸信氏

内容の詳細はこちらのページをご覧下さい。

アクティブラーニング部門

東大×南京大同時中継 南京集中講義「水」プレ講演

東大×南京大同時中継南京集中講義「水」プレ講演

  • 日時 2012 年12 月20 日 18:10 ~ 20:00
  • 会場 情報教育棟4 階遠隔講義室

本講演は2013 年3 月に南京大学で開催される南京集中講義「水」への派遣学生選抜を兼ねています。同講義への参加を希望する方は本講義に参加し、レポートを提出して下さい。

選抜された方は3 月3 日~10 日或いは10 日~17 日の期間に南京大学での集中講義及び学生討論に派遣されます。前期課程から大学院生全ての学生の参加を歓迎致します。

詳細は、LAPホームページをご覧下さい。

国際化部門