キャンパス

教養教育高度化機構

本サイトは、東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属 教養教育高度化機構(Komaba Organization for Educational Excellence: KOMEX)の公式サイトです。

高度化機構に所属する各部門とその事業内容を紹介します。

東京大学

東京大学

東京大学駒場Iキャンパスでは、教養学部前期課程(1・2年生全員)、教養学部後期課程(教養学部に進学した3・4年生)、総合文化研究科修士課程、総合文化研究科博士課程の学生・大学院生が学んでいます。

正門を入って正面に位置するのが時計塔を擁する1号館です。

異文化交流

国際化への取り組み

教養教育高度化機構では、国際的に活躍できる学生を育成するため、さまざまな国際交流の取り組みを行っています。

写真は、全学自由研究ゼミナールの一環としてタンザニアにフィールドワークに行ったときのものです。

グローバルな連携

グローバルな連携

東京大学は、さまざまな国際大学間ネットワークに加盟しています。

本写真は、東アジア四大学フォーラム(BESETOHA)で東京大学、北京大学、ソウル大学校、ベトナム国家大学ハノイ校の代表が一堂に会したときのものです。

キャンパス(夜)

キャンパス(夜)

東京大学駒場キャンパスには、学生の自主活動のためのスペースも充実しています。

写真は夜のコミュニケーション・プラザの様子です。

ディスカッション

アクティブラーニング

教養教育高度化機構では、写真の駒場アクティブラーニングスタジオ(KALS)に見られるように、双方的なゼミ形式の授業をやりやすくする工夫のされた教室設備を充実させています。

2011年10月に竣工した21KOMCEE(通称:理想の教育棟)では、一般教室がすべてこのようなスタジオ教室として設計されています。

21KOMCEE

21KOMCEE

2011年10月、アクティブラーニングのためのスタジオ教室やレクチャーホールを擁する新しい教育棟、21 Komaba Center for Educational Excellence (21KOMCEE, 通称理想の教育棟)がオープンしました。

地下1階から2階まで吹き抜けのガラスホール(MMホール)に設置されている石井リーサ明理氏のデザインによる照明オブジェ「光湧(こうゆう)」は、北米照明学会によりデザイン賞を受賞しています。

トピックス

2016.12.02 

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2016年11月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第18回を掲載しました。今回の担当は社会連携部門の標葉さんです。「知識を実践に、実践を知恵へと導くキャリア教育」というタイトルで、社会連携部門が開講している「教養学部生のためのキャリア教室1・2」についてのお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1488/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

2016.11.14 

「茶わんの湯」から”予測する科学”を考える(授業「茶わんの湯」スピンオフセミナー)

予測するということは、一体どういうことであろうか?
我々の身近にある“予測する科学”に関する理解を深めるためのセミナーを本学の全学自由研究ゼミナールの補助授業と一般公開のセミナーを兼ねて開催します。

img

【セミナー概要】
本セミナーは、東京大学前期課程の学生(1・2年生)を対象とした体験学習・オムニバス形式の「茶わんの湯」から最新の科学を考える(以下、授業「茶わんの湯」と記す)の補助授業として開催し、本学学生以外の参加を認め一般公開とします。
授業時間内では実施できなかった重要なテーマまた、授業時間内に出題された課題考察の補助教材として、授業「茶わんの湯」を通じて重点的に取り上げるべきテーマを選択し、セミナーを開講します。
初めての取り組みとなる今回は、「茶わんの湯」の筆者寺田寅彦に関連する研究テーマであり、かつ、授業「茶わんの湯」のいくつかの講義における共通する重要なテーマ“予測する科学”を学問領域を横断して本学の教員が取り上げます。
授業「茶わんの湯」セミナー”予測する科学”を同時に受講することで理系・文系の学生問わず、領域横断的な科学の知識の習得と思考のトレーニングになることを期待しています。本セミナー“予測する科学”の取り組み内容は、大学で専門教育を開始する前の段階の学生に合わせて、専門知識がなくてもレクチャーを受けられる内容としています。そのため、セミナー単体を受講しても大学生に限らず社会人や大学入学前の学生に対しても同様の効果が期待されることから一般公開とします。

【セミナー予定:18時スタート】
11月15日(火)気象『天気予報と気候予測』
11月22日(火)地震『地震学の現状と限界~想定外を想定しよう』
11月30日(水)人工知能・ロボット『人工知能の予測と予期~予測する科学と予期する工学』

講師情報やセミナー開催教室などセミナーに関する詳細は下記ホームページをご確認ください。

【セミナー詳細】
http://www.adves.c.u-tokyo.ac.jp/chawan/seminar/

2016.10.17 

「大学生のためのブランドデザイン・コンテスト」BranCo!2017のご案内

東京大学教養学部教養教育高度化機構と博報堂ブランドデザインが共催する、「大学生のためのブランドデザイン・コンテスト」BranCo!2017が開催されます!
3~6名のメンバーが協力して、課題となるテーマについて様々な視点から調べ、その本質を考え抜き、魅力的な商品やサービスブランドのアイデアをつくりだして競い合う、チーム対抗形式のコンテストです。

昨年は67大学、総勢647名にご参加いただきました。
第5回目となる今回は、12月3日(土)開催のキックオフイベントにてBranCo!2017のテーマ発表だけでなくセミナーも開催いたします!
また予選通過チームには、各チームごとに現役の博報堂社員がアドバイザーとして、直接企画の指導を行うことも魅力のひとつです。

仲間と協力し、正解のない問いに挑みながら、社会にとって魅力的なブランドを生みだすことに挑戦するBranCo!。文系、理系、技術系、美術系…様々な個性によって生み出されるアイデアについて一緒に考えてみませんか?

BranCo!2017スケジュール
2016年12月3日(土) BranCo!キックオフイベント(説明会・セミナー)
2017年2月11日(土) BranCo!一次予選
2017年3月18日(土) BranCo!ファイナルイベント

説明会の参加申し込みはこちらから!
  http://branco.h-branddesign.com/
イベントの詳細情報はこちらから!
  https://www.facebook.com/BranCo-295114817363757/

img

2016.10.05 

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2016年9月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第17回を掲載しました。今回の担当は科学技術インタープリター養成部門の定松さんです。「STAP事件から研究倫理を考えるワークショップ」というタイトルで、東京大学研究倫理ウィーク特別企画「キャリアパスと研究倫理 自分事として語り合おう」についてのお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1486/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

2016.08.04 

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2016年7月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第16回を掲載しました。今回の担当は環境エネルギー科学特別部門の瀬川先生です。「学生の教育にもつながる社会人向け講義」というタイトルで、グレーター東大塾についてのお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1484/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

2016.06.03 

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2016年5月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第15回を掲載しました。今回の担当はアクティブラーニング部門の小原さんです。「体験型授業の手法を活用したシンポジウムを開催」というタイトルで、教養教育高度化機構シンポジウムについてのお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1482/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

2016.05.25 

科学技術インタープリター養成プログラム 第12期受講生募集

全学大学院副専攻プログラムである「科学技術インタープリター養成プログラム」では、2016年9月開講の第12期受講生を募集します。
以下のスケジュールで説明会や選抜試験を行います。
関心のある東京大学大学院生の皆さんの参加をお待ちしています。
詳細は、
科学技術インタープリタ養成プログラムの公式サイトの該当ページ
をご覧くだ
さい。