キャンパス

教養教育高度化機構

本サイトは、東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属 教養教育高度化機構(Komaba Organization for Educational Excellence: KOMEX)の公式サイトです。

高度化機構に所属する各部門とその事業内容を紹介します。

東京大学

東京大学

東京大学駒場Iキャンパスでは、教養学部前期課程(1・2年生全員)、教養学部後期課程(教養学部に進学した3・4年生)、総合文化研究科修士課程、総合文化研究科博士課程の学生・大学院生が学んでいます。

正門を入って正面に位置するのが時計塔を擁する1号館です。

異文化交流

国際化への取り組み

教養教育高度化機構では、国際的に活躍できる学生を育成するため、さまざまな国際交流の取り組みを行っています。

写真は、全学自由研究ゼミナールの一環としてタンザニアにフィールドワークに行ったときのものです。

グローバルな連携

グローバルな連携

東京大学は、さまざまな国際大学間ネットワークに加盟しています。

本写真は、東アジア四大学フォーラム(BESETOHA)で東京大学、北京大学、ソウル大学校、ベトナム国家大学ハノイ校の代表が一堂に会したときのものです。

キャンパス(夜)

キャンパス(夜)

東京大学駒場キャンパスには、学生の自主活動のためのスペースも充実しています。

写真は夜のコミュニケーション・プラザの様子です。

ディスカッション

アクティブラーニング

教養教育高度化機構では、写真の駒場アクティブラーニングスタジオ(KALS)に見られるように、双方的なゼミ形式の授業をやりやすくする工夫のされた教室設備を充実させています。

2011年10月に竣工した21KOMCEE(通称:理想の教育棟)では、一般教室がすべてこのようなスタジオ教室として設計されています。

21KOMCEE

21KOMCEE

2011年10月、アクティブラーニングのためのスタジオ教室やレクチャーホールを擁する新しい教育棟、21 Komaba Center for Educational Excellence (21KOMCEE, 通称理想の教育棟)がオープンしました。

地下1階から2階まで吹き抜けのガラスホール(MMホール)に設置されている石井リーサ明理氏のデザインによる照明オブジェ「光湧(こうゆう)」は、北米照明学会によりデザイン賞を受賞しています。

トピックス

2013.10.11 

【受賞】刈間文俊教授(国際化部門)が2013年度の江蘇友誼奨を受賞しました

江蘇友誼奨は、中国の江蘇省の発展と対外交流に貢献した外国人に、江蘇省人民政府から贈られるもので、今回の受賞は南京大学と南京市の推薦によるものです。

(さらに…)

 

シンポジウム「教養としての生命科学」

自然科学高度化部門では、来る10月26日(土)に、”KOMEX自然科学教育シンポジウム 教養としての生命科学”を開催いたします。

詳しくは こちらをごらんください。

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

シンポジウム「次世代 エネルギー技術の創成に向けて」10/16

環境エネルギー科学特別部門では,10月16日(火)にシンポジウム

「次世代エネルギー技術の創成に向けて」を開催します。

詳しくは こちらをごらんください。
皆様のお越しをお待ちしております。

2013.08.05 

全学体験ゼミナール「将棋で磨く知性と感性」を開講します

今冬学期より、全学体験ゼミナール「将棋で磨く知性と感性」が始まります。

  • 時期 2013年冬学期より
  • 対象 1,2年生 将棋の未経験者優先

社会連携部門は冬学期に全学体験ゼミナール「将棋で磨く知性と感性」を開講します。棋士の堀口弘治七段、勝又清和六段、矢内理絵子女流四段を講師に迎え、講義と対局を通じて将棋の文化を学びます。定員は40名で未経験者を優先します。この授業は日本将棋連盟、栄光ゼミナール、富士通株式会社の共同支援を受けています。
詳細は、「将棋で磨く知性と感性」公式サイトをご覧下さい。

社会連携部門

2013.07.23 

科学技術インタープリター 養成部門 第9期受講生募集

全学大学院副専攻プログラムである「科学技術インタープリター養成プログラム」では、2013年10月開講の第9期受講生を募集します。

願書受付

7月22日(月)~8月5日(月) 郵送のみ。5日消印有効
8月から9月上旬にかけて書類選考および面接を実施します。

詳細は、科学技術インタープリター養成プログラム公式サイトの該当ページをご覧下さい。

2013.03.21 

教養教育高度化機構シンポジウム資料公開

3月11日(月)に開催いたしましたシンポジウムが無事に終了いたしました。参加者は、学内教職員なども含めて、110名ほどの参加者がありました。ご協力頂きました関係者のみなさまありがとうございました。

当日配布した資料を下記にアップロード致しましたので、ご覧ください。
2013-KOMEXSymposium

シンポジウム

2013.01.29 

東京大学教養学部附属教養教育高度化機構シンポジウム
 「教養教育の高度化を目指した実践と展望」開催します

■企画趣旨
東京大学教養学部附属教養教育高度化機構は、教養教育の現代的な課題に対応すべく教育開発を行っています。本シンポジウムではこれまでの成果を概観するとともに、教養学部のカリキュラムの歴史的変遷を踏まえた上で、教養教育の発展の方向性と課題について議論します。

■主催 東京大学教養学部附属教養教育高度化機構
■日程 2013年3月11日(月)開場:12:30-、開始:13:00-18:00
■参加費:無料・先着順(定員:200名)
■場所 東京大学教養学部 21KOMCEE 地下1階レクチャーホール
(東京都目黒区駒場3-8-1、京王井の頭線駒場東大前駅)
http://www.komcee.c.u-tokyo.ac.jp/

■プログラム

総合司会(企画部門 西中村浩)

1.挨拶・趣旨説明
「教養教育高度化機構の取り組みについての紹介」
教養教育高度化機構長 嶋田正和

2.基調講演
「これまでの教養教育とこれからの駒場の教養教育が目指すもの」
教養学部長 石井洋二郎

3.各部門講演

チーム形成部門
「正解のない問いに挑む—ブランドデザインスタジオの試み」
部門長 真船文隆

アクティブラーニング部門
「アクティブラーニングの現状と課題」
部門長 山口和紀

環境エネルギー科学特別部門
「環境とエネルギーの課題解決を担う人材の育成―日本のエネルギー問題を題材に」
部門長 瀬川浩司

科学技術インタープリター養成部門
「科学者の社会的リテラシーと市民の科学リテラシー~後期教養教育の試み~」
部門長 藤垣裕子

生命科学高度化部門
「生命科学教育における現代的な課題」
部門長 石浦章一

国際化部門
「南京大学との間の学生交流プログラムの現状と課題」
教授 伊藤徳也

社会連携部門
「高大接続「金曜特別講座」からの展開を考える」
部門長 渡邊雄一郎

教育研究データ分析室
「数値からみた教養教育の現状と課題」
教育研究データ分析室長 倉田博史

4.パネルディスカッション(司会:山口和紀)
ディスカッション・テーマ
・教養教育と学力観(学士力、社会人基礎力、AHELO、21世紀型スキル、東京大学モデル)
・教養教育のリソース(教科書・教材・学習環境・教育方法)

■問い合わせ先
東京大学教養学部附属教養教育高度化機構
シンポジウム「教養教育の高度化を目指した実践と展望」
電話:03-5465-8204 (アクティブラーニング部門)