EX部門

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2024年5月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第63回を掲載しました。 今回の担当はEX部門の岡田さんと中村さんです。 「東京大学が目指す教養教育の質的転換とは?」というタイトルで、KOMEXシンポジウム2024「東京大学のEducational Transformation」のお話しです。 記事はこちらからご覧ください。
https://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1582/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

教養教育高度化機構シンポジウム2024 「東京大学のEducational Transformation:教養教育の質的転換」2024年3月15日(金)開催

教養教育高度化機構シンポジウム2024 「東京大学のEducational Transformation:教養教育の質的転換」を開催いたします。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2024年3月15日(金) 13:00~17:30
開催形式:ハイブリッド [会場参加/オンライン視聴]、事前登録制(会場参加定員:180名)
場所:東京大学駒場Ⅰキャンパス 18号館ホール(オンライン参加可能)

主催:東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属 教養教育高度化機構
企画:Educational Transformation部門

概要:2023 年 4 月、東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属教養教育高度化機構に Educational Transformation を冠する部門が誕生した。OECD Learning Compass 2030 に代表される国際的な潮流や 2022 年の大学設置基準等改正など国内の教育改革の動き、さらに社会全体を巻き込む Digital Transformation(DX)の渦の中、これからの教養教育で目指すべき Educational Transformation(EX)とは何か、理念と実践の双方から考える。

(さらに…)

「第8回 模擬国連ワークショップ」(2/22)

模擬国連では、一人一人が米国政府代表や中国政府代表などの担当国になりきって国際問題について話し合います。立場を固定されている点ではディベートと同様です。しかし、 相手を論破することで勝利を目指すディベートと異なり、模擬国連では合意形成が目的であるため、多様な利害・価値観に配慮することの重要性を理解するのに適したアクティブラーニングの手法といえます。
 この模擬国連の授業への導入について、東京大学教養学部での試行錯誤を踏まえ、参加者とともに検討する「模擬国連ワークショップ」を開きます。2020年3月より定期的に開催しており、今回が8回目の開催となります。

======

  1. 日時:2024年2月22日(木)14時~17時
  2. 場所:東京大学駒場Ⅰキャンパス 17号館2階 駒場アクティブラーニングスタジオ(KALS)
    https://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/about/visitors/maps-directions/index.html (アクセシビリティマップ)
    https://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/about/visitors/maps-directions/campusmap.html (キャンパスマップ)
  3. 対象:大学教職員、高等学校教職員、中学校教職員、学生、一般の方など [定員40名]
  4. 参加費:無料
  5. プログラム
    【目的・到達目標】
    学習者の学びを促すための模擬国連等の授業への効果的導入法について学び、自身の授業や学習にとりいれる
    ・ 模擬国連の教育手法としての特徴を説明できるようになる(セッション1に相当)
    ・ 模擬国連の実施の手順を説明できるようになる(セッション1に相当)
    ・ 時間や受講者の既有知識によって模擬国連の実施方法を使い分けられるようになる(セッション1に相当)
    ・ 国連外交における実務の一例を説明できるようになる(セッション2に相当)
    ・ 国際外交における実務で必要とされる知識・技能・態度を説明できるようになる(セッション2に相当)

【スケジュール】
 14:00~14:10 趣旨説明
 14:10~15:30 セッション1「模擬国連の授業事例」
 15:40~16:50 セッション2「国連外交の実務事例」
 16:50~17:00 まとめ


  6. 登壇者
   中村長史(東京大学大学院総合文化研究科特任講師)
   学生時代に模擬国連を経験し、現在は国際政治学を専門とする教員として
   模擬国連を授業に導入している立場からお話します

   嘉治美佐子(外務省科学技術協力担当大使、元国際労働機関(ILO)理事会議長、元東京大学教授)
   国連等において政府代表として多国間外交に当たってきた立場からお話します

  7. お申込み
  以下の申込フォームよりお申込ください。
   https://forms.gle/q7Uho7yaXdW4AdwR8
  8. お問合せ先
  東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属教養教育高度化機構
  dalt[at]kals.c.u-tokyo.ac.jp

【参考:過去のワークショップ当日の様子】
第1回(2020年3月)https://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/event/event-report/mun_ws1/
第2回(2020年9月)https://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/event/event-report/mun_ws2/
第3回(2021年9月)https://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/event/event-report/mun_ws3/
第4回(2022年3月)https://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/event/event-report/mun_ws4/
第5回(2022年9月)https://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/event/event-report/mun_ws5/
第6回(2023年3月)https://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/event/event-report/mun_ws6/
第7回(2023年9月)https://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/event/event-report/mun_ws7/

シンポジウム「日本とカザフスタンの絆:第二次世界大戦後カザフスタンで生き抜いた日本人抑留者を描いた映画を題材として」

東京大学教養学部でA2ターム集中講義として開講される「平和のために東大生ができること:中央アジア研修」では、カザフスタン共和国アルマティ市を訪問して約10日間の研修を実施します。
日本とカザフスタンのつながりのひとつとして、第二次世界大戦後にソ連によって抑留された日本人が収容された施設が現在のカザフスタン国内に多く存在しており、抑留者の労働の成果が現在でもいくつも残っていること、彼らのための墓地がカザフスタン各地に作られていることがあります。そして、収容所から出た後もカザフスタンに残り、家族を作って「カザフスタンの日本人」の血をつないでいる人がいます。
このたび、抑留後にカザフスタンに残った2人の日本人:阿彦哲郎さんと三浦正雄さんの映画が作成され、東京で上映されることになりました。この映画に関わった方、そして映画で描かれた日本人の家族をお招きし、カザフスタン研修事前プログラムとしてシンポジウムを開催いたします。履修生以外の方もご参加いただけます(学外者も可)。

◆日時:2023年12月21日(木)19:00-20:30(予定)
◆場所:東京大学駒場Iキャンパス17号館2階KALS
◆参加無料

◆主な登壇者
・阿彦イリーナ氏(阿彦哲郎さんのご息女。)
・佐野伸寿氏(映画監督・プロデューサー;『阿彦哲郎物語』『ちっちゃいサムライ:三浦正雄の子供時代』で監督・脚本を手掛ける。元自衛官。自衛隊勤務と並行して映画制作活動を実施。1994年から在カザフスタン日本国大使館に勤務し、日本人抑留者問題を担当。行方不明となっていた三浦正雄さんの捜索や、阿彦さん・三浦さんをはじめとするカザフスタン残留未帰還邦人の一時帰国に尽力。大使館勤務時代にプロデュースした『ラストホリデー』は1996年東京国際映画祭で東京ゴールド賞受賞。)
・アリア・ウバリジャノヴァ氏(映画監督・プロデューサー:『阿彦哲郎物語』でカザフ側監督を務めた。アカデミー賞外国語賞を受賞した『ダイダロス:希望の大地』その他、日本でもDVDが販売されている映画など数多くを手掛けたカザフスタンを代表する映画プロデューサー)

総合司会:
岡田晃枝(東京大学 教養教育高度化機構Educational Transformation部門 特任准教授。専門は中央アジア政治。2011年より東京大学教養学部で「平和のために東大生ができること」を開講。カザフスタンのほか、ニューヨーク、ボストン、ラオス、キルギス、トルクメニスタン等で研修型の授業を実施。)

◆主催:教養教育高度化機構Educational Transormation部門
共催:Studio-D Japan / 佐野伸寿
◆お問い合わせ先:
教養教育高度化機構Educational Transformation部門 岡田晃枝
okada [at] komex.c.u-tokyo.ac.jp
([at]を@に書き換えて送信ください)

学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2023年11月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第60回を掲載しました。 「教育DXにより教養教育の質的転換を図る」というタイトルで、教養教育高度化機構(KOMEX)に新設されたEX部門の5人のリーダーズのお話しです。 記事はこちらからご覧ください。
https://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1576/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧

ワークショップ「第4回 東大生がつくるSDGsの授業」(9/3@ZOOM)

東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属教養教育高度化機構では、高校生を対象としたSDGsに関するワークショップを2020年度より開催しております。東京大学教養学部で開講している全学自由研究ゼミナール/高度教養特殊演習「SDGsを学べる授業をつくろう」において特に優れた授業案を設計した学生が授業を実施いたします。SDGsの理解が深まるような工夫が施された授業ですので、是非ご参加ください。また、先生方におかれては高校生の方にご紹介いただけますと幸いです。

1.日時:2023年9月3日(日)14時~17時

2.場所:Zoomミーティング (申し込みいただいた方に追ってURLをお伝えします
※授業ではペアワークやグループワークの場面が多くあります。可能な限りカメラをオンにして参加していただければ幸いです
※参加者のプライバシーへの配慮の観点から、録音・録画は一切お控えいただきますよう、よろしくお願いいたします

3.対象:高校生 [定員40名]

4.参加費:無料

5.プログラム
14:00~14:30
趣旨説明:中村長史(東京大学大学院総合文化研究科 特任講師)
14:30~15:20
授業「SDGs in Japan~日本におけるSDGsの取り組み~」:平野沙也加(東京大学教養学部2年
15:20~15:40
休憩
15:40~16:30
授業「SDGsマスターへの道~”達成”に向けてできることを考えてみよう~」:大石菜月(東京大学教養学部1年)
16:30~17:00
まとめ:中澤明子(東京大学大学院総合文化研究科 特任准教授)

6.お申込み
以下の申込フォームよりお申込ください。
https://forms.gle/dUkx5vL8Y4gReyfK7

7.お問合せ先
東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属教養教育高度化機構 EX部門
dalt[at]kals.c.u-tokyo.ac.jp

「第7回 模擬国連ワークショップ」(9/21@ZOOM)

模擬国連では、一人一人が米国政府代表や中国政府代表などの担当国になりきって国際問題について話し合います。立場を固定されている点ではディベートと同様です。しかし、 相手を論破することで勝利を目指すディベートと異なり、模擬国連では合意形成が目的であるため、多様な利害・価値観に配慮することの重要性を理解するのに適したアクティブラーニングの手法といえます。 この模擬国連の授業への導入について、東京大学教養学部での試行錯誤を踏まえ、参加者とともに検討する「模擬国連ワークショップ」を開きます。2020年3月より定期的に開催しており、今回が7回目の開催となります。

1. 日時:2023年9月21日(木)14時~17時

2. 場所:Zoom (申し込みいただいた方に追ってURLをお伝えします)

3. 対象:大学教職員、高等学校教職員、中学校教職員、学生、一般の方など [定員50名]

4. 参加費:無料

5. プログラム
【目的・到達目標】
学習者の学びを促すための模擬国連等の授業への効果的導入法について学び、自身の授業や学習にとりいれる
・ 模擬国連の教育手法としての特徴を説明できるようになる(セッション1に相当)
・ 模擬国連の実施の手順を説明できるようになる(セッション1に相当)
・ 他のロールプレイの教育手法としての特徴を説明できるようになる(セッション2に相当)
・ 他のロールプレイの実施手順を説明できるようになる(セッション2に相当)

【スケジュール】
 14:00~14:10 趣旨説明
 14:10~15:25 セッション1「模擬国連導入事例」
 15:35~16:50 セッション2「模擬裁判を用いた国際法教育」
 16:50~17:00 まとめ

6. 登壇者
中村長史(東京大学大学院総合文化研究科特任講師)
学生時代に模擬国連を経験し、現在は国際政治学を専門とする教員として模擬国連を授業に導入している立場からお話します

平野実晴(立命館アジア太平洋大学助教)、根岸陽太(西南学院大学准教授)、二杉健斗(大阪大学准教授)
国際法学を専門とする教員として模擬裁判を授業に導入している立場からお話します

7. お申込み
以下の申込フォームよりお申込ください。
https://forms.gle/ynTRCXGWvtYtV1Cc7

8. お問合せ先
東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属教養教育高度化機構EX部門
dalt[at]kals.c.u-tokyo.ac.jp

【参考:過去のワークショップ当日の様子】
第1回(2020年3月)https://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/event/event-report/mun_ws1/
第2回(2020年9月)https://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/event/event-report/mun_ws2/
第3回(2021年9月)https://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/event/event-report/mun_ws3/
第4回(2022年3月)https://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/event/event-report/mun_ws4/
第5回(2022年9月)https://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/event/event-report/mun_ws5/
第6回(2023年3月)https://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/event/event-report/mun_ws6/


1 / 11