9月2012

南京大学学生との交流プログラム 参加者募集

東京大学教養学部リベラルアーツ・プログラム(LAP)を通して、南京大学外国語学部日本語学科の学生10 名が、駒場キャンパスに東京大学の日常を体験する学生交流プログラムにやってきます。

このプログラムは日中の学生が討論するための開かれた場所を提供し、相互理解を深めることを目的としています。そのため、留学生用の特設講義は設けず、東京大学の授業に1 週間参加してもらい、相互の日常を知るためのプログラム構成となっています。また、期間中「変わるもの・変わらないもの・変わってしまうもの」をテーマとする東大生との共同研究を行います。その共同研究、そして交流プログラムに参加したい方を募集します。

  • 南京大学学生の訪問期間
    2012 年11 月4 日(日)~ 11 月11 日(日)
  • 募集人数 10 ~ 15 名(応募書類により選考)

内容の詳細はこちらのページをご覧下さい。

国際化部門:リベラルアーツ・プログラム(LAP)