社会連携部門

社会連携部門は、東京大学の教育活動と社会・民間との双方向の関わりを促進することによって、大学の中で閉じた教育・研究活動のみでは生み出せない新しい教育手法を開発・実践することを目的としています。

【社会・民間と連携した教養教育プログラムの開発】

社会・民間にある様々な知的枠組みを教養教育に取り入れることで、社会で必要とされるリテラシーや幅広い視点、柔軟な発想力を持つ学生を育成することを狙いとしています。現在、日本棋院や日本将棋連盟、株式会社博報堂などと連携し、前期課程の学生を対象とする体験型の教養教育プログラムを開発・実施しています。

>> ブランドデザインスタジオ
>> 将棋で磨く知性と感性
>> 教養教育への囲碁の活用

また他にも社会・民間と連携したキャリア教育の一環として、学外の多様なセクターから講師をお招きするオムニバス形式の授業や、企業・官公庁と連携したプロジェクト型授業も開発・実施しています。