アクティブラーニング部門

「第3回 模擬国連ワークショップ」(9/12@ZOOM)

模擬国連では、一人一人が米国政府代表や中国政府代表などの担当国になりきって国際問題について話し合います。立場を固定されている点ではディベートと同様です。しかし、相手を論破することで勝利を目指すディベートと異なり、模擬国連では合意形成が目的であるため、多様な利害・価値観に配慮することの重要性を理解するのに適したアクティブラーニングの手法といえます。この模擬国連の授業への導入について、東京大学教養学部での試行錯誤(https//dalt.c.utokyo.ac.jp/classes/class-report/mun_semi_2020s_teacher-2/)を踏まえ、参加者とともに検討する「模擬国連ワークショップ」を開きます。2020年3月の第1回(http://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/mun_ws_2020_03_06_report/)、2020年9月の第2回(https://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/event/event-report/mun_ws2/)に続き、3回目の開催となりますが、今回は高校の授業への模擬国連導入事例や模擬国連以外のロールプレイ手法導入事例についても、ご紹介いたします。

1. 日時:2021年9月12日(日)14時~17時

2. 場所:Zoom (申し込みいただいた方に追ってURLをお伝えします)

3. 対象:大学教職員、高等学校教職員、中学校教職員、学生、一般の方など [定員50名]

4. 参加費:無料
(さらに…)

オンラインワークショップ「オンラインでこそアクティブラーニング:アクティブで双方的な授業のヒント」

東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属教養教育高度化機構アクティブ ラーニング部門では、東京大学所属の教員の皆さまを対象に、オンラインワークショップ「オンラインでこそアクティブラーニング:アクティブで双方向的な授業のヒント」を開催いたします。

3月に開催したオンラインワークショップでは、昨年度のオンライン授業をふりかえり、授業準備・運営で困ったことや解決したい課題を共有しました。その中で多く出されたのが、「オンライン授業では学生の様子がわかりにくいこと」や 「学生の状態を把握しにくいこと」、「学生からの反応がないこと」、「学生と の信頼構築」など、教員と学生とのコミュニケーションや双方向性の確保に関するものでした。学生とのコミュニケーションや双方向性の確保は、アクティブ ラーニングの導入において第一歩となるもので、これらの課題への対処法を検討することはとても大切です。

そこで今回のオンラインワークショップでは、オンライン授業をアクティブにするための授業運営のうち、学生とのコミュニケーションや、学生の状態を把握しつつ授業を進める双方向性の確保について検討します。具体的な手法や研究知見を参考にしつつ、グループでのディスカッションやワークを通じて情報共有や課題解決を目指します。

【本ワークショップで扱う課題例】
・学生の映像が見えないので授業を進めるのに必要な情報量が少ない
・学生がしっかりと説明を聞いているのか、課題や議論に取り組んでいるのかがわからない
・学生が理解しているかどうかわからない
・質問があるかと聞いても学生からの反応がない

なお、本ワークショップで扱う内容は、オンライン授業に限ったものではなく、対面授業でも共通し、活用可能なものです。次セメスターでは対面授業を再開される方にも参考となる内容になっています。

オンライン授業を継続される方、対面授業を再開される方、またこれからアクティブラーニングを導入しようと考えられている方、すでに導入しているけれども授業運営についてさらに理解されたい方といった、幅広い皆様にご参加いただき、次セメスターの授業準備の参考にしていただければと思います。

※オンライン授業におけるアクティブラーニング手法や実践については、こちらのページ(https://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/tips/)でも記事を公開しています。

【プログラム】
14:00-14:20 開会の挨拶・趣旨説明
14:20-15:15 自己紹介、ワーク、ミニレクチャ
15:15-15:35 休憩
15:35-16:55 ワーク、ミニレクチャ
16:55-17:00 閉会の挨拶
(司会進行:教養教育高度化機構アクティブラーニング部門 中澤明子・伊勢坊 綾・中村長史)

1.日時:2021年9月8日(水)14:00〜17:00

2.場所:Zoomミーティングでのオンライン開催
 ※参加者に後日URLをお知らせします
(さらに…)

「ワークショップ「第2回 東大生がつくるSDGsの授業」(8/29@ZOOM)」

東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属教養教育高度化機構アクティブラーニング部門では、高校生を対象としたSDGsに関するワークショップを昨年度に引き続き開催いたします。東京大学教養学部で開講している全学自由研究ゼミナール/高度教養特殊演習「SDGsを学べる授業をつくろう」において特に優れた授業案を設計した学生達が授業を実施いたします。SDGsの理解が深まるような工夫が施された授業が揃っておりますので、是非ご参加ください。

1. 日時:2021年8月29日(日)14時~17時
https://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/event/event-info/a2972/

2. 場所:Zoomミーティング (申し込みいただいた方に追ってURLをお伝えします)

※授業ではペアワークやグループワークの場面が多くあります。可能な限りカメラをオンにして参加していただければ幸いです。

※参加者のプライバシーへの配慮の観点から、録音・録画は一切お控えいただきますよう、よろしくお願いいたします。

3. 対象:高校生 [定員40名]

4. 参加費:無料
(さらに…)

オンラインワークショップ「オンラインでこそアクティブラーニング:1年間のふりかえりと課題解決のヒント」(2021年3月10日)

教養教育高度化機構アクティブラーニング部門では、東京大学所属の教員の皆さまを対象に、オンラインワークショップ「オンラインでこそアクティブラーニング:1年間のふりかえりと課題解決のヒント」を開催いたします。

COVID-19の影響で急遽はじまったオンライン授業。そのオンライン授業について1年間をふりかえり、授業準備・運営で困ったことや解決したい課題を共有し、解決策を検討して来年度のオンライン授業をアクティブにすることを考えます。本オンラインワークショップでは、グループでのディスカッションやワークを通じて情報共有や課題解決を目指します。

この1年間、大変だった!という方も、うまくいけた!という方も、ぜひご参加いただき、1年間のふりかえりと来年度にむけた準備の機会としてご活用いただければと思います。

1.プログラム14:00-14:10 開会の挨拶・趣旨説明
14:10-14:25 アイスブレイク
14:25-15:20 ミニレクチャ、ワーク
15:20-15:35 休憩
15:35-16:25 ミニレクチャ、ワーク
16:25-16:30 閉会の挨拶
(司会進行:教養教育高度化機構アクティブラーニング部門 中澤明子・伊勢坊綾・中村長史)

2.日時
3月10日(水)14:00〜16:30

3.開催方法
Zoom
申込締切後にURLをお知らせいたします。

4.対象
東京大学所属の教員
(さらに…)

ワークショップ「東大生がつくるSDGsの授業」(11/28, 12/13@ZOOM)

東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属教養教育高度化機構アクティブラーニング部門では、高校生を対象としたSDGsに関するワークショップを開催いたします。
東京大学教養学部で開講している全学自由研究ゼミナール/高度教養特殊演習「SDGsを学べる授業をつくろう」において特に優れた授業案を設計した学生達が授業を実施いたします。
SDGsの理解が深まるような工夫が施された授業が揃っておりますので、是非ご参加ください。

1. 日時:2020年11月28日(土)14時~17時

12月13日(日)14時~17時

※いずれかの回のみへのご参加も歓迎いたします

2. 場所:Zoomミーティング (申し込みいただいた方に追ってURLをお伝えします)

※授業ではペアワークやグループワークの場面が多くあります。可能な限りカメラをオンにして参加していただければ幸いです。

※参加者のプライバシーへの配慮の観点から、録音・録画は一切お控えいただきますよう、よろしくお願いいたします。

3. 対象:高校生 [定員40名]

4. 参加費:無料
(さらに…)

第2回 模擬国連ワークショップ(9/19@ZOOM)

模擬国連では、一人一人が米国政府代表や中国政府代表などの担当国になりきって国際問題について話し合います。立場を固定されている点ではディベートと同様です。しかし、
相手を論破することで勝利を目指すディベートと異なり、模擬国連では合意形成が目的であるため、多様な利害・価値観に配慮することの重要性を理解するのに適したアクティブラーニングの手法といえます。この模擬国連の授業への導入について、東京大学教養学部での試行錯誤(http://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/mun_semi_2019a_teacher/)を踏まえ、授業担当者・履修者、そして現役外交官とともに検討する「模擬国連ワークショップ」を開きます。2020年3月のワークショップ(http://dalt.c.u-tokyo.ac.jp/mun_ws_2020_03_06_report/)に続き、2回目の開催となりますが、今回はオンライン授業での経験も踏まえて効果的導入法について意見交換をできればと考えております。

1. 日時:2020年9月19日(土)14時~17時

2. 場所:Zoom (申し込みいただいた方に追ってURLをお伝えします)

3. 対象:大学教職員、高等学校教職員、中学校教職員、学生、一般の方など [定員40名]

4. 参加費:無料
(さらに…)

『残された酸素ボンベ』刊行と関連イベント開催(2月3日)

教養教育高度化機構に所属していたメンバー(標葉靖子、福山佑樹、江間有沙)で開発されたコミュニケーション型推理ゲーム教材「nocobon」の解説書『残された酸素ボンベ』(ナカニシヤ出版)が刊行されました。
科学技術の進展が現代社会にもたらす影響には、 生活様式や価値観の変化、倫理的・法的・社会的課題などのさまざまな側面があります。「文系」「理系」の枠を超えて、楽しみながらそうした「科学技術と社会」への多面的な見方や思考力を鍛えるコミュニケーション型推理ゲーム教材とその使い方・作り方を具体例を通してわかりやすく解説します。

刊行にあわせて2月3日に関連イベント「ゲーム教材と『主体的・対話的で深い学び』」が開催されます。
http://science-interpreter.c.u-tokyo.ac.jp/nocobon/event_20200203/


1 / 212