学内広報に連載コラムを掲載しました

学内広報 2018年3月号に連載コラム「リベラル・アーツの風」第26回を掲載しました。今回の担当は社会連携部門の岡本さんです。「演劇と音楽を実践と座学の両面から学ぶ」というタイトルで、全学自由研究ゼミナール「教養としての芸術学」のお話しです。
記事はこちらからご覧ください。
https://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1508/03column.html

また、これまでの連載は以下のリンクからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
学内広報連載コラム「リベラル・アーツの風」過去記事一覧